大規模な人体実験が始まった

 新型コロナパンデミックが始まってから1年以上が経ちました。
 アビガン、レムデシビル...と騒がなくなったと思ったら...
 今度は、ファイザー、モデルナ...です。
 そして、一日中、ワクチン接種のシーンが流されています。
 ワクチンの同調圧力も高まり、強要まで行われる始末です。
 接種を拒否して職場を解雇になるとか、接種から逃れるために離職するとか...

 報道の内容も大きく変わってきました。
 以前は、抗体依存性感染増強など、ワクチンの懸念事項も報道されていましたが...
 ワクチン接種が始まってからは、メディアには、政府やマスコミの代弁者しか登場しなくなり、ワクチンの有効性だけが語られるようになりました。
 SNSなどへの規制(言論統制)も始まりました。
 検索エンジンも公的機関が上位に表示するようになっています。
 こうして、真実が隠されていくわけです。
 戦前さながらです。

 今回は、人類史上初めて試される遺伝子ワクチンです。
 安全性の検証さえ十分に行われていません。(特例承認)
 たとえば、ファイザーの第三相試験では、高齢者や慢性疾患がある人は被験者から除外されています。
 (臨床試験の高齢の参加者の割合は、65~75才が0.2%、75才以上が0.04%)
 注目すべきは、避妊(ピル内服など)している女性も被験者から除外されていることです。
 避妊は、エストロゲン投与が主になります。
 ファイザーもエストロゲンが、副反応の引き金になることは知っているのです。
 ちなみに、妊婦ではプロゲステロンが優位になり、新型コロナ感染症による死亡率は15倍低いと報告されています。(ワクチンの真実 秀和システムから)

 米国では、去年からワクチン接種が始まっていますが...
 健康な人がワクチン接種後に急死するというケースは後を絶ちません。
 有名人としては、大リーグの英雄ハンク・アーロン氏が1月5日に、
 そして、ボクシングの元世界チャンピオンのマービン・ハグラー氏が3月13日に亡くなりました。

 そんな中、日本でも人体実験が始まりました。
 参加するか否かは、自らで決めなければなりません。
 その判断のためには、免疫やワクチンについての理解が必要です。
 そこで、ここに簡単にまとめていくことにします。