野菜の販売はセルフレジ形式の「量り売り」で

収穫から会計まで完全セルフで

 近い将来、お金があっても、食料が手に入らないという時代が来ないとも限りません。
 それに備えて、地域内で食料を確保できる体制を構築しておかなければなりません。
 簡単に言うと、地産地消の実現です。
 これは、農家直販や直売所を充実させていくことでもあります。
 また、コミュニティーによる菜園(農園)も重要度を増してきます。
 そのためには、誰もが、野菜の栽培や販売に携われるような体制作りも必要になります。

 でも、野菜を収穫して、袋詰めして...となると、結構な手間がかかります。
 たとえ、直売所に出荷したとしても売れ残りが出るかも知れません。
 もっと気軽に、誰にでもできるような形にしなければなりません。
 そして、利益も出て、再生産につながるようにしなければ持続できません。

 そのためには、完全セルフ形式が有効です。
 野菜の収穫から、会計まで、お客さん自身に行ってもらうというものです。
 それによって、労力を大幅に減らすことができます。
 そして、子供たちの収穫体験(農業体験)としても利用いただけます。
 これは、教育や食育の観点からも意義のあることです。

なぜ「量り売り」なの?

 このようなセルフ形式の場合、「量り売り」という形態はとても有効です。
 「量り売り」というのは、お客さん自身で、欲しい分だけ袋に入れ、それを「はかり」に乗せ精算するというものです。
 このような形態は、フランスのマルシェや欧米のオーガニックスーパーでは一般的です。

 この「量り売り」のメリットは、
 自分が欲しい分だけ買えるので食材の無駄がでません。
 包装の袋やパックなども不要になりますので、資材も節約できます。
 ゴミも大幅に減らせます。
 これは、マイクロプラスチック汚染対策のためにも重要です。
 生産者は、袋詰めなどの作業の手間も省けます。
 人手不足が進む中、こうした省力化も必須です。

 でも、それだけではありません。
 「量り売り」は、農業の形態を大きく変えうる可能性を秘めているということです。
 今、日本の農業が危機的状況にあります。
 なぜ、こうした状況に陥っているのかというと...
 効率化優先で突き進んできたからです。
 では、なぜ、効率化優先で、進まざるを得なかったのかです。

 今までは、いくら高品質の野菜を栽培しても市場では評価されませんでした。
 そのため、規格化された野菜を、工業製品のように作るしかありませんでした。
 そして、少しでも収量を上げようと、多くの肥料が投入されてきました。
 それによって、今のような状況を招くことになっています。

 もし、「量り売り」が可能になると...
 今までのように、規格化された野菜である必要がありません。
 生産者は、多品種・少量生産で、付加価値の高い野菜も扱えます。
 つまり、固定種や伝統野菜、在来種、エアルーム野菜なども扱えるわけです。

 それによって、ビジネス形態も大きく変わってきます。
 高付加価値化・提案型ビジネスへの転換が可能になるということです。
 たとえば、今では、野菜は、甘ければ美味しいという価値観しかありません。
 食の世界は、まだまだ未熟で未開拓といえます。
 野菜本来の魅力を発信する余地はいくらでもあります。
 個性豊かな野菜が市場に出回るようになれば、消費者の意識も変わっていきます。
 そこから、新たな価値が生まれ、市場が創造されていくことになります。
 そして、食に関する産業全般の活性化にもつながります。

「量り売り」のためのソフト

 「量り売り」を始めるにも、そのためにはシステムが必要です。
 でも、本格的なセルフレジ・システムの導入となると、多大なコストがかかってきます。
 一般の農家さんや小規模商店向けのシステムはありません。
 それでは、いくら多くのメリットがある量り売りでも普及は望めません。
 コストをかけずに、気軽に導入できるシステムがあれば...
 ということで、Windowsパソコンで利用できるシステムを開発しました。
 機材は、ネットで容易に手に入ります。
 パソコンと計量器(パソコンにつながるもの)、タッチパネルディスプレイが必要です。
 また、タブレットPCを、タッチパネルディスプレイとして使うこともできます。
 領収書を印刷する場合は、レシートプリンターが必要です。

 ①デジタル計量器(RS-232C出力付き)
  A&D デジタル台はかり FG-30KBM (ひょう量:30kg)

 ②タッチパネルディスプレイ (1280x800)
  Toguard タッチディスプレイ タッチパネル モニター(10.1インチ)

 ③レシートプリンター
  Symcode 58MM USB サーマルレシートプリンター

 ④パソコン(デスクトップでもノートでも可能)
  OS: Microsoft Windows XP以降

 このソフトは、Webサーバーのシステム(クラウド)ではありません。
 お手持ちのパソコンにセットアップしてお使いいただくアプリケーションソフトです。
 したがって、ネットにつなぐ必要もありませんし、月額費用もかかりません。

 対 応 O S Microsoft Windows XP/Vista/7/8/8.1/10
       (タブレットの場合はデスクトップモードに切り替えてください)
 ディスプレイ 解像度:1280×800
 対 応 計 量 器 A&D デジタル台はかり FGシリーズ(RS-232C出力付き)


『セルフレジ量り売り』ダウンロード

 まずは、操作性や機能など、実際のプログラムでご体験ください。
 ライセンスを取得していない段階では、レシートに、当サイトのURLが印字されます。
 プログラムのダウンロードは、下記から行ってください。
 ここでダウンロードを行っても料金はかかりません。


「台はかり」など機材の貸し出し

 ソフトウェア評価のための機材の貸し出しを行っています。(無料)
 実際に、「台はかり」や「タッチパネル」を使って試してみたいという方は、下記からお申し込みください。
 ここでのお申し込みの前に、必ず、ソフトウェア(『セルフレジ量り売り』)の検証を行ってください。


『セルフレジ量り売り』ライセンス購入         30,000円(税別)

 実務で永続的にご利用になる場合は、ここからライセンスの購入を行ってください。
 お申し込みいただきましたら、ライセンスキーを記載した「ユーザー登録書」をメールでお送りさせていただきます。