種を繋ごう

種の昔と今

昔の農家は、できの良い野菜から種を採って...翌年にそれを蒔いて...
というのを繰り返していました。
つまり、種は、代々、受け継がれるものでした。
こうした種のことを固定種といいます。

でも、今では、そんな農家は皆無です。
種は、毎年、買うのが当たり前になっています。
こうした種のことをF1種(交配種)といいます。

では、なぜ、毎年、種を買う必要があるのかというと...
このF1種というのは、流通に適するように品種改良された種です。
したがって、育った野菜は、見た目がきれいで、サイズや形が揃います。
表面が固く長距離輸送にも耐えられます。

たとえば、昔の固定種のキュウリ
表面はイボイボで皮は柔らかくて、白い粉(ブルーム)が吹いていました。
長さや太さはマチマチでした。
今のF1種のキュウリは、表面はテカテカで、皮は固く、長さや太さが揃っています。

F1種は、見た目重視の消費者ニーズにマッチし、またたく間に普及しました。
そして、F1種と慣行農法一色に塗り替えられることになりました。
しかし、これが、後に大きな弊害を生むことになります。

昔の農家は、その土地に合った野菜を育てていました。
つまり、適地適作(土地に合った野菜を適切な方法)で無理をしていません。
これは、自然に沿ったもので環境への負荷も少なく、持続が可能でした。

しかし、F1種は、栽培される土地で育った種ではありません。
(今では、9割以上の種は海外で生産されています)
つまり、種が、その地になじんでいないので適地適作ができません。
そのため、どうしても、肥料や農薬、除草剤に頼らざるをえなくなります。
そして、環境や生態系を破壊し、野菜が育たなくなってしまいます。

最初は業として成り立っていても...徐々にコストがかさんでいきます。
逆に、売り上げのほうは、どんどん落ちていきます。
そして、結局、農業を続けることができなくなるというのが実情です。[図解]

固定種は消滅の危機に

そして、最も深刻なのは、多くの原種が失われつつあるということです。
種は、人類にとっての貴重な遺伝資源です。
(新しい品種の育成には多様な遺伝子が必要)
したがって、未来に向けて、多くの原種を残しておかなければなりません。

しかし、今では、農家による種の継承は不可能です。
そして、国内の採種農家は、壊滅寸前です。
採種をやめると、その種は途絶えてしまいます。
途絶えてしまった種は、二度と復活することができません。

とはいっても、種を守るというのは容易なことではありません。
種には、寿命があるからです。
最も長期保存可能なマイナス数十度での冷凍保存でも30年もたないと言われています。
たとえ、長期保存できたとしても、発芽率は、年々低下していきます。
そして、いざという時に取り出して育てたとしても、環境に適応できません。
つまり、昔ながらの栽培・採種の繰り返ししかないわけです。

種の世界は、これから、さらに深刻な状況に陥りそうです。
今後、F1種は、全てが雄性不捻になると言われています。
そして、GM(遺伝子組み換え)やゲノム編集が普及することが予想されます。

今は、経済至上主義の社会です。
儲かるか儲からないか、といった価値基準で動いています。
そのため、儲かるものには、お金が集まり、どんどん発展していきます。
儲からないものは見向きもされず、消滅の一途をたどることになります。
こうした社会構造が変わらない限り、状況は変わりません。

食糧危機回避のための種とは

食糧危機回避のために最も大事なのは? と考えてみると...
やっぱり、種です。
いかに良い種を確保しておけるかです。
その土地に根ざした作物を、各地域で育てておく必要があります。
それができない限り、人類の未来はありません。

では、良い種とは、どんな種なのかというと...
「無施肥で育つ省エネ型の強い種」です。
具体的には、根の張りが良く、少々の異常気象にも対応できる種です。

そして、「無施肥で育つ」というのがポイントです。
無施肥ですから、病虫害も防ぐことができます。
そのため、無農薬での栽培が可能になります。
また、肥料資源が枯渇したとしても影響ありません。
これらによって、これから深刻化する様々な問題にも対応できます。

そんな種、どこで手に入るの? という疑問もわきます。
でも、こればかりは、自らで育てていくしかありません。
その際、重要なのは、種そのものを、どう捉えるかということです。
その辺を、はっきりしておかないとブレてしまいます。

一般には、あまり注目されていないのが種そのものの生命力です。
種は、あらゆる時代、地域を旅してきています。
痩せた土地、暑さ寒さ、乾燥、様々な病原菌など、過酷な体験を経てきました。
現存しているということは、そんな中で生き抜いてきたからこそです。
あの小さな体(DNA)には、とてつもなく大きな力が内在しているのです。
それを、呼び覚ますというのが栽培の肝です。

たとえば、無施肥の土壌では、毛細根の発達した強い根を張ります。
そして、土壌の菌類と助け合う関係を構築します。
こうした菌類は、必要な栄養素を宿主(野菜)からもらっています。
その代わりに、宿主(野菜)が必要とする栄養素を提供しています。
それによって、無施肥でも旺盛に育つようになります。
そして、免疫力がアップし病気にかからなくなります。

これは、私たちの体で考えてみても同じです。
たとえば、私たちが、肉を食べるのをやめて、菜食を続けるとします。
すると、腸内細菌の働き方が変わってきます。
尿素(老廃物)などから蛋白質を作り出す菌が増えて働き出すのです。
人の腸は、植物にとっての土壌そのものだといえます。
実際、土壌にいるのと同じ窒素固定菌が私たちの腸内でも働いています。

よくよく考えてみると、種も、私たち人間も、共に進化してきた生命です。
つまり、人にも、食糧難など、少々過酷な状況でも生き抜く力が備わっているということです。
でも、今の時代は、何でもかんでも外から与えれば済むものと思っています。
それで返って、生命力を衰えさせ、活力を失うことになっています。
現象面だけにとらわれ、肝心の命(内因)のほうに目が向いていないからです。

種を育てる醍醐味

畑に、種を蒔くと、一斉に芽を出します。
そこで、何かしらの耐性を持たない病気がはやるとします。
そうすると、一気に病気が広がって全滅です。

これは、F1種の種を蒔いた場合の話です。
F1種では、均一に育つというのが売り(特徴)です。
それは、サイズや形など見た目のことだけではありません。
生理的な性質(形質)も均一ということです。
したがって、こういう場合、それが裏目に出てしまうのです。

固定種では、同じようなケースでも全滅することはありません。
それが、何を意味するのかというと...
固定種は、遺伝的な多様性を備えているということです。
この多様性という特徴を、最大限に活かせるのが自家採種です。

はじめて、種を蒔くと...
最初の年は、育ちが良くないのが普通です。
そんな中にも、育ちが良い株が現れます。
種を採るのは、そんな株からです。
そして、翌年に、その種を蒔きます。
その繰り返しで、だんだん、その地になじんできます。
そして、旺盛に育つようになってきます。

また、人それぞれに、野菜の味や形の好みというのがあります。
そういった自分の好みのものを選抜して種を採っていけば良いのです。
それによって、自分のオリジナル野菜に変わっていきます。
これは、何も特殊なことではありません。
一昔前までは、ごく当たり前に行われてきたことです。
人類は、そうやって、長い歴史を種と共に生き抜いてきたのです。

固定種を育てる醍醐味は、このように種を育てていくところにあります。
長い年月をかけて育てた種は、とてもとても貴重です。
そんな種が、いざという時に、人類を救うことになるのかもしれません。

なぜ、今さら種採りなの?

種が大事なのは良くわかります。
種が無くなると、食料が無くなり、私たちも生きていけません。
でも、なぜ、今さら種採りなの? という疑問もわきます。
もう少し突っ込んで考えてみると...
今、日本の農業は危機的状況にあります。
どういう状況なのかというと...

現行の農法では、深く耕し、多くの肥料を入れます。
それによって、根の張りの弱い肥満体質(軟弱徒長)の野菜に育ちます。
そのため、病虫害にも遭いやすく、殺菌剤や殺虫剤が欠かせません。
それによって、土壌は疲弊し砂漠化していきます。

そこに、薬剤抵抗性という問題が出てきました。
虫や雑草の防除に、頼みの綱である農薬も効かなくなってくるのです。
そして、干ばつやゲリラ豪雨などが多発するようになってきました。
今の肥料過多の根張りの弱い野菜では、ひとたまりもありません。

人は、状況が悪くなればなるほど目先のことしか考えられなくなります。
冷静になって、持ち味を活かしていくというようなことはできません。
破たんに向かう、絵に書いたようなシナリオです。

いずれ、食糧は海外に依存するしかなくなります。
でも、こうした問題は、日本に限ったことではありません。
土壌の損耗や薬剤抵抗性害虫などの問題は、世界中で深刻化していきます。
そのうち、肥料資源も枯渇します。
人口も増加し、各国は自国民を養うだけで精一杯になります。
気候変動や環境破壊も食糧危機に直結します。
また、今の政治では目先の対策しかできません。
そのため、世界情勢も、ますます混迷を深めていくことになります。
そして、食糧の奪い合いが始まります。

そうした中で、激化しているのが種の覇権争いです。
種を独占できれば、食の主導権を握り、世界を牛耳ることができます。
そのカギとなっているのが、遺伝子操作技術です。
そして、遺伝子情報の囲い込みが進むことになります。

この経済至上主義の社会では、お金がお金を生んでいきます。
そして、お金が集まれば、政治力も手中に納めることができます。
食の根本を握れば、世界も支配できるということです。
「種を制するものが世界を制す」と言われているゆえんです。

同時に、世界の農業は、大規模化・省力化へと邁進していきます。
地域主導の住民や環境に配慮した農業は駆逐されます。
そのため、環境破壊が進み、多様性が失われ、モノカルチャー化し、格差拡大、紛争...
というように破たんへ向かっていくことになります。
そして、あらゆる農地は疲弊し砂漠化し、食料生産そのものができなくなります。

また、最近(2017)の話題でいうと、日本の種子法の廃止です。
主要穀物(米や麦・大豆など)の種の権利が民間へ開放(2018)されることになりました。
これから、日本でも、主要穀物の種の覇権争いが始まることになります。
日本のお米や大豆なども遺伝子操作されたものに変わっていく恐れがあります。
そして、お酒や味噌など、醗酵文化までもが 窮地に立たされるかも知れません。

こうしたことに対する危機感は、世界中に広がっています。
そして、種を守ろうとする活動も世界中で起きています。
コミュニティや個人(家庭菜園)レベルで種を守っていこうというのもそのひとつです。
守るべきものは自らで守っていこうという流れに変わってきたのです。