種から考える(食料問題をテーマに情勢判断)

食料問題をテーマに考えてみる

 そう遠くない将来、地球規模の食料危機がおとずれると言われています。
 そこで、ここでは、食料問題をテーマに考えていきたいと思います。
 でも、日本においては、それほど深刻には捉えられていません。
 今は、飽食の時代であって、「飢え」をリアルに感じることができないからでしょうか。
 食料の半分近くが、当たり前に廃棄されています。
 そして、みんな、このような状況が、ずっと続くと思っています。

 食糧危機を招く最たるものは、農業の破たんです。
 今、日本の農業が危機的状況にあるのは周知の事実です。
 高齢化が進み、農家の数は年々減り続けています。
 農業は、重労働のわりに、収入も安定しません。
 そんな中で、起こってくるのが大規模化や効率化優先の流れです。
 今よりも、さらに効率化を図っていけば、当面は大丈夫だろうということです。

 今の経済システムでは、消費を増やし続けていかなければ持ちません。
 そのために、必須なのが、労働者の所得を増やし続けていくということです。
 これから、少子高齢化が進むのですから、なおさらです。
 したがって、効率化や省力化を追求していくしかありません。
 そのため、企業規模を大きくして、力の論理で切り拓いていこうというわけです。
 でも、そこには、根本療法の観点がありません。
 負の部分には目をつぶって、当面、乗り切れれば良いということです。

 これは、世界的な流れ(グローバリゼーションの波)です。
 食の主導権を握りさえすれば、世界を牛耳ることができます。
 そのため、利益追求のための農業に、資金や政治力が投下されていきます。
 人的犠牲(搾取など)や環境破壊、未来の資源の先食いなどもいとわずにです。
 そんな中で、環境や住民に配慮した地域農業は駆逐されていきます。
 そのため、生態系が破壊され、多様性が失われ、農地も砂漠化していきます。
 そのうち、肥料資源も枯渇します。
 そして、格差拡大、紛争...というように破たんへと向かうことになります。
 そこに、気候変動がとどめを刺すことになります。

 もちろん、こうした状況を鑑みて、様々な取り組みがなされています。
 持続可能な環境保全型の農業を志したいという人も少なからずいます。
 でも、そこには、やはり、経済的な原則が立ちはだかります。
 つまり、大衆のニーズや価値観と合致しないのです。

 たとえば、当菜園の自然栽培(無施肥・無農薬栽培)のミカンです。

 窒素肥料もゼロで、本来の生育リズムで育っています。
 したがって、実はしまり味は格別です。
 (肥料であおると生育のリズムを乱し実がブクブクになる)
 長期、保存しても、カビが生え腐敗することはありません。
 (皮がカチカチに乾燥しても、中身は大丈夫です)
 摘果はしていないため、大きさや糖度もばらつきがあります。
 (中には、糖度が14度を超えるようなものもある)
 殺菌剤を散布しないため皮もオレンジピールにして食べられます。
 でも、殺菌したミカンに比べツヤはありません。
 特に、今年(2018)は、台風が頻発しキズも多くついています。

 

 このような、形が揃わず見かけが悪いものは商品にはなりません。
 いくら環境に優しい栽培法で、健康的で美味しいものを育ててもです。
 野菜や穀物にしても同様です。
 つまり、手間や農薬等のコストをかけてでも、見た目の良いものを作らざるをえません。
 そして、箱詰めして、流通に乗せることができることが前提です。
 そのため、慣行農法で、規格品を効率的に大量生産するというのが主流になってきます。
 しかし、これから少子高齢化が進み、ますます市場は縮小していきます。
 そして、グローバリゼーションの波に飲み込まれていきます。
 そのため、さらに競争が激化し、消耗戦に突入することになります。
 このような、旧態依然のビジネス形態では、破たんすることは目に見えています。

種から考える

 では、なぜ、こうした状況に陥っているのかです。
 まずは、大きな流れで全体的に捉えなければなりません。
 ざっと、時系列で見ていくことにしましょう。

 一昔前までは、育てた野菜から種を採って、翌年にそれを蒔いて...
 というのが当たり前でした。
 でも、今では、そんなことをしている農家は皆無です。
 では、なぜ、農家は、採種をやめてしまったのかというと...
 昔ながらの種では、均一な野菜に育たないからです。

 今、市場に出回っている種はF1種(一代交配種)といいます。
 流通に適するように、品種改良された種です。
 したがって、育った野菜は、色や形・大きさなどが揃います。
 このF1種は、見た目重視の消費者ニーズに合致し、またたく間に普及しました。

 でも、それによって、野菜の個性が無くなってしまいました。
 味も甘いだけで、野菜本来の風味も失われてしまいました。
 そのため、素材の味を活かす日本の食文化もダメになってしまいました。

 そして深刻なのは、昔ながらの種が消滅の危機に瀕しているということです。
 種は、採種されなくなると途絶えてしまいます。
 昔ながらの種というのは、いわば原種(遺伝資源)です。
 原種が無くなると、流通用の野菜(F1種)も作れなくなってしまいます。
 (F1種とは、異なる原種どおしを掛け合わせた一代目という意味です)

 大元である種が変わると、全てが変わってきます。
 F1種というのは、栽培される土地で生まれ育った種ではありません。
 (今では、9割以上の種は海外で生産されています)
 それを、いきなり新しい土地に蒔いても、うまく育ってくれるとは限りません。
 そのため、どうしても、肥料に頼らざるをえなくなります。
 肥料を与えると、害虫の被害が増えます。
 そのため、今度は、農薬が必要になってきます。
 肥料によって、雑草も繁茂しますので、除草剤も必要になってきます。

 そのうちに、生態系が壊れ、土壌そのものがダメになってきます。
 そうなると、肥料や農薬なしには作物が育たなくなります。
 そのまま、突き進むしかありません。
 そこで、やっかいな問題が生じてきました。
 害虫や菌・雑草などが農薬に対する耐性をもつようになってきたのです。
 (身体でいうところの抗生物質に対する耐性菌と同じです)
 頼みの綱である農薬が効かないのですから...どうにもならなくなります。

 そして、多肥栽培によって野菜の品質が低下してしまいました。
 野菜も、栄養分を摂り過ぎると、代謝不良を起こしてしまいます。
 吸収した窒素分が蛋白質になりきれずに野菜の体内に残ってしまうのです。
 それが、エグ味になったり、健康被害につながったりします。
 最近、取りざたされている野菜体内の硝酸態窒素濃度の問題です。

 海外(EUなど)では、この硝酸態窒素の基準値も定められています。
 したがって、日本の葉物野菜などは、輸出できないといわれています。
 韓国や中国も国を挙げて、環境保全と食の安全安心にシフトしています。
 これからは、農業も、いやおうなくグローバル化の波に飲み込まれることになります。
 そうなると、今の日本の野菜では太刀打ちできません。

 そこに追い打ちをかけるのが、異常気象です。
 今の日本の野菜では、干ばつや長雨に対応できません。
 これも、多肥栽培が災いしています。
 過剰な肥料を与えられた野菜は、根を深く張りません。
 そのため、ちょっとした環境の変化にも耐えられないのです。

 そして、そういった異常気象を引き起こす要因になっているのが肥料です。
 圃場に撒かれた窒素肥料の半分以上は、亜酸化窒素ガスに変わり拡散していきます。
 それが、温室効果をもたらし、温暖化を促進し、気候変動が起こるわけです。
 (亜酸化窒素ガスは、二酸化炭素の約300倍の温室効果を持つといわれています)

農業が衰退する根因は何か

 ここでは、農業の課題を整理して見ていくことにしましょう。
 まずは、今の農業は、どういった課題があるのか洗い出してみます。

①儲からない...(収益性)
 売上から経費を差し引くと、わずかしか残りません。
 利益を出すためには、いかにしてコストダウンできるかです。

②安定しない...(安定性)
 相手は自然ですので、思い通りにはいきません。
 特に、干ばつやゲリラ豪雨などの異常気象も増えることが予想されます。

③持続性が難しい...(持続性)
 圃場の深耕により、作土の流失、有機物の損耗などが起こっています。
 ほとんどの圃場に硬盤層が形成されてしまっています。
 圃場の保全を考えないと作物が育たなくなってしまいます。
 害虫や病気・雑草の防除に、農薬が効かなくなっています。(薬剤抵抗性)

④環境への悪影響が著しい...(環境保全)
 農薬や肥料は地下水に混じり、川や海に流入し、生態系を蝕んでいます。
 人目につかないところで多くの生き物が絶滅しています。
 こうした環境破壊は、魚介類等をも含めた食料危機につながってしまいます。

⑤商品価値が低い...(付加価値)
 価格競争のみに陥った産業は衰退していきます。
 多様化する価値観に対応していかなければなりません。

 このように、課題は山積みです。
 普通は、こうした課題のひとつひとつを焦点にして原因を探っていきます。
 でも、こうした課題は、単独で存在しているわけではありません。
 様々な要素が関連し合っています。
 その各要素間にも、主要なものと副次的・従属的なものなど様々な関係があります。
 こうした関係性を把握しなければ、事実を把握したことにはなりません。

 その事実を把握した上で、対策の焦点を見定めていかなければなりません。
 対策の焦点というのは、問題の本質部分です。
 それさえ解決できたら他の問題(副次的な問題)は、自然に解消されていくというものです。
 つまり、問題解決のためのカギです。

 ここで取り上げた課題のひとまとまりを一つの系とします。
 その系の中に、問題解決のためのカギがあります。
 それを、全力を上げて探っていくことになります。
 しかし、そのカギは、平凡で目立たない存在として隠されています。
 したがって、もし、見つけたと思ったカギが目立っていたら再検討しなければなりません。

 このように分析していくと、そのカギは、過剰施肥にあるということがわかります。
 つまり、過剰施肥の問題を解決すれば、すべての問題が解消することになります。
 具体的に、過剰施肥による影響を探っていくと...

①過剰施肥によりコストが上がる...(収益性)
 肥料を購入するための経費がかかるというだけではありません。
 過剰施肥になると、病虫害の被害が避けられず、農薬や殺菌剤が必須になってきます。
 毛細根の発育を抑制し、リン酸を吸収できなくなりますので、生育の管理も大変になります。
 無機態窒素が、作物と菌類との共生関係を断ち、連作障害を引き起こします。

②過剰施肥により収量が不安定に...(安定性)
 根張りが悪くなり、ひ弱に育ち、悪天候(異常気象)に対応できなくなります。
 作物に過剰吸収された窒素の処理に、炭水化物が使われるため果実や根が育ちません。

③過剰施肥により圃場がダメに...(持続性)
 有機物が損耗すると、リン酸が金属イオンと結合して硬盤層を作ってしまいます。
 生態系や微生物環境を壊し、作物の生育が悪くなります。
 そして、土壌中の有機物が無くなると砂漠と化してしまいます。

④過剰施肥が環境を破壊する...(環境保全)
 過剰施肥になると、農薬や殺菌剤も大量に使わなければなりません。
 そのため、環境には大きな負荷がかかり、生態系をむしばんでいきます。
 硝酸態窒素が地下水などに浸透し飲料水などに悪影響を与えます。
 海に流れ出た肥料分によって植物プランクトンが増殖し赤潮が発生します。
 酸欠や有毒プランクトンによって、魚貝類を死に至らしめます。
 蒸発した窒素分(亜酸化窒素)は、温室効果ガスとして地球温暖化を促進します。
 また、オゾン層を破壊し、人体にも深刻な影響を与えます。

⑤過剰施肥により商品価値が下がる...(付加価値)  
 過剰に吸収された窒素の処理に、炭水化物が使われるため糖度が上がりません。
 作物体内の硝酸態窒素の含有量が増え、健康的でなくなります。
 食味も落ちて、栄養価も低くなり、日持ちも悪くなります。

 このように、全体を把握することによって、はじめて根因(主要矛盾)に行き着きます。
 その根因を解消することで、副次的・従属的矛盾は、自然に消失していきます。
 これは、家庭や会社・学校・地域・国・世界などの問題でも同様です。
 こうした各系は、無数の問題で構成されています。
 そして、これらの系の中には、必ず、ただひとつの主要矛盾があります。
 それ以外の問題は、全て副次的・従属的な問題であるにしか過ぎません。
 したがって、それらを焦点にしたとしても根本的な解決にはなりません。

 世界の食糧問題を考えるに当たっては、
 「新植民地主義支配(経済的・教育的従属化)」と「収奪され続けてきた旧植民地諸国」との間の対立があります。
 この主要矛盾を踏まえて情勢判断を行っていかない限り、根本解決には至りません。
 結局のところ、対症療法に終わり、返って問題をこじらせてしまいます。