種の種類

固定種とは

固定種野菜というのは、古来から現代に受け継がれてきた野菜です。
その地に根付いて形質が固定化されたという意味です。
伝統野菜や在来種・むかし野菜とも呼ばれています。
大量生産のために品種改良されたもの(F1種)とは違い個性的です。
独自の風味やうま味があります。
そのため、素材の味を生かした料理に向いています。
固定種は、育てた野菜から種を採って、翌年もその種から育てることができます。
その繰り返しで、どんどんその土地に合った野菜になっていきます。
そして、肥料を与えなくてもよく育つようになります。
固定種には、長い進化の過程で獲得してきた絶大な力が眠っています。
自家採種によって、その力を引き出すことができるのです。

F1種とは

私たちがスーパーなどで目にしているのは、F1種(交配種)といわれる野菜です。
(種袋には、○○交配とかF1とか書かれています)
異なる性質を持つ野菜を交配させて作った雑種の一代目という意味になります。
つまり、遺伝的に遠い存在の固定種どうしを、人為的に掛け合わせることで、意図した野菜を作りだすということです。
(遺伝子の組み換えということではありません) 
それによって生育が旺盛で、収量も多くなります。
そして、色や形・大きさなども均一に育ちます。
(まっすぐなキュウリや長さの揃ったネギなど)
しかし、こうした特性は一代限りのものです。
このF1種の野菜から種を採って育てても、親とは異なる性質が現れます。
そのため、自家採種には向きません。
また、F1種の多くは、雄性不稔(ゆうせいふねん)という性質をもっています。
そういう野菜は種を作ることができません。
したがって、種は、毎年、購入したものを使うことになります。

雄性不稔(ゆうせいふねん)とは

簡単にいうと、正常に花粉を作ることができない性質のことです。
この性質は、F1種を作るのに、とても都合がいいのです。
F1種では、意図した野菜どうしを掛け合わせなければなりません。
つまり、母親役の株の雌しべに、父親役の株の花粉を付けて受粉させなければなりません。
でも、植物は、雄と雌がはっきり分かれているわけではありません。
ひとつの花に雄しべと雌しべがあったり、また、同一株に雄花と雌花があったりします。
そのため、母親役が自家受粉(自分の花粉で受精)してしまう可能性があります。
したがって、あらかじめ母親役の雄しべを取り除いておく必要があるわけです。
これを除雄といいます。
これが、大変、手間のかかる作業です。
母親役の雄しべが機能不全(雄性不稔)であれば、わざわざ除雄する必要がなくなります。
近くで、父親役を育てれば、虫などが花粉を運んで受粉してくれます。
それでは、どのようにして母親役を雄性不稔にするのかというと...
この雄性不稔というのは、ミトコンドリア遺伝子の異常によるとされています。
その雄性不稔の株との交配によって、その性質(遺伝子)を子孫に受け継がせるわけです。
(雄性不稔株と交配すると、その子孫は必ず雄性不稔になります)