虫食の意味を考える

害虫が存在する意味

 この世の中には、意味や意義のないものは存在しません。
 では、害虫に、存在する意義や意味があるのかです。

 なぜ、野菜は、害虫に食べられるのか?
 一般には、そこに害虫がいるから...と考えられているようです。
 でも、実際のところ、害虫はどこにでもいます。

クロコガネの幼虫・アヤモクメキリガの幼虫

 地面にはヨトウ虫、地中にはコガネ虫の幼虫など、すぐ見つかります。
 チョウやカメムシやアブラムシなども、いくらでも飛んできます。
 そんな中でも、害虫の被害に遭う野菜、遭わない野菜があります。

 つまり、害虫というのは、食害の原因ではないということです。
 害虫は、あくまでも環境であり条件でしかありません。
 食べられる野菜には、食べられる理由(原因)があるのです。

 これは、私たち自身のことで考えてみればよくわかります。
 私たちの周りには、インフルエンザウイルスはウヨウヨいます。
 でも、インフルエンザにかかるのは一部の人です
 つまり、原因は、環境(外因)にではなく、主体(内因)にあるということです。
 では、食害に遭うのに、どんな理由があるのかです。
 ここでは、自然な食害と不自然な食害とに分けて考えることにします。

自然な食害

 野菜は、収穫するまで新鮮さを保っています。
 では、なぜ、畑にある間は、新鮮なのかです。
 それは、野菜は新陳代謝しているからです。

 これを、私たちの身体に照らし合わせて見ると...
 たとえば、骨です。
 骨は堅いため、一度形成されると一生そのままのように思われがちです。
 でも、実際は、破骨細胞という細胞が絶えず古い骨を溶かし続けています。
 そして、刻々と、新たな骨に置き換わっているのです。
 そのため、常に、若々しく弾力ある骨に保たれているわけです。

 それが、害虫と何の関係があるのかというと...
 害虫が、破骨細胞の役割を担っているということです。
 野菜にとって、お荷物になるのが老化した葉です。
 老化した葉は、光合成の能力も落ちて役に立ちません。
 それなのに、エネルギーや水を浪費してしまいます。
 野菜にとっては、そういった葉をすみやかに処理したいわけです。
 そして、若い葉を育てたいのです。

 でも、そのまま地面に落としたのでは、硬い繊維はなかなか分解されません。
 そこで、害虫の出番です。
 害虫のお腹の中には、硬い葉の繊維を分解してくれる腸内細菌がいます。
 それで、硬い葉も柔らかいフンにしてくれます。
 そのフンを、今度は、地面や地中にいる生き物たちが分解してくれるのです。
 それが、次世代の養分になります。

 こうした食害は、自然な食害です。
 健全に育っていることになりますので、何の心配もいりません。

ときわ地這胡瓜の食害

 上は、「ときわ地這胡瓜」です。
 矢印は、害虫に食べられた跡です。
 でも、食べられている葉は、下側(外側)の老化した葉です。
 上側(内側)の新芽や若い葉は何ともありません。
 若い葉は、光合成する能力が活発です。
 その若い葉を食べると、自分(害虫自身)たちの食糧が消滅してしまうことになります。
 そもそも、それでは、今のような多様な世界にはなりません。
 自然は、そんなに愚かに(無秩序に)できていないわけです。

不自然な食害

 では、不自然な食害とは...
 それは、環境を乱したことによって起こる食害です。
 その代表が、過剰施肥によるものです。

 肥料というのは、土壌の生き物からすると不自然です。
 土壌には、絶妙なバランスのもとに、多くの生き物たちが生活しています。
 そこに、大量の肥料が撒かれると、土壌の生き物たちは大混乱です。
 すみやかに、元の状態に戻さなければなりません。

 そこで、野菜は、吸収した肥料分を葉っぱに貯えます。
 (意図的に、ということではなく物理的な仕組みによって)
 つまり、軟弱徒長します。
 そして、その葉っぱを害虫に食べてもらいます。
 移動できる害虫たちに、肥料分を運び出してもらうためです。
 肥料分を食べた害虫たちは、どこかで亡骸となります。
 そして、その地を肥やすことになります。
 このように、自然は、常に全体の均衡が保たれるようになっているわけです。

 でも、さらにひどい状況だと、野菜は生きていけません。
 免疫力も無くなり、カビ菌も感染し、土に還されることになります。
 これは、野菜自身がその土地に適さないという場合も同様です。

 自然というのは、厳密な秩序(法則)のもとに成り立っています。
 その秩序に反するものは、そこに在り続けることはできません。
 自然の力が消滅の方向に作用することになります。
 そのため、そういう野菜は、早晩、解体され土に還されます。
 害虫たちは、その役割(運搬や解体など)を担っているのです。
 自然も、スクラップ&ビルドによる新陳代謝を繰り広げているわけです。

 でも、人が、こうしたことを目にすると...
 害虫が野菜を枯らしてしまうように見えます。
 どうしても、現象面にとらわれてしまうわけです。
 そして、害虫という(悪の)レッテルを貼って抹消するという方向に走ってしまいます。
 それでは、対症療法(原因ではなく結果に対する対応)にしかなりません。
 したがって、問題を、ますます複雑化させることになるわけです。

 上は、刈草を積んでいた場所に種を蒔いた南瓜です。
 無施肥ですが、刈草が堆肥化し、窒素分が増えたのではと思います。
 下は、何もしていない(清浄な)ところに種を蒔いた南京です。
 これは、肥沃な土地が悪いと言っているわけではありません。
 野菜の種類や、種(育ってきた環境)にもよります。