セルフレジ形式の「量り売り」で

収穫から会計まで完全セルフで

 これからは、ローカルで食料を確保できるような体制を整えていかなければなりません。
 簡単に言うと、地産地消の実現です。
 これは、農家直販を充実させていくことでもあります。
 また、コミュニティーで支える農園も重要度を増していきます。
 そのためには、誰もが、野菜の栽培や販売に携われるような体制作りも必要になります。

 でも、野菜を収穫して、袋詰めして...となると、大変な手間がかかります。
 たとえ、直売所に出荷したとしても売れ残りが出るかも知れません。
 もっと気軽に、誰にでもできるような形にしていかなければなりません。
 そして、利益も出て、再生産につながるようにしなければ持続できません。

 そのためには、完全セルフ形式が有効です。
 野菜の収穫から会計まで、お客さん自身に行ってもらうというものです。
 お客さんは、自分で欲しい野菜を収穫し、それを「はかり」に乗せ、タッチパネル操作で精算すればよいわけです。
 それによって、労力を大幅に減らすことができます。
 そして、子供たちの収穫体験(農業体験)としても利用いただけます。
 これは、教育や食育の観点からも意義のあることです。

なぜ「量り売り」なの?

 「量り売り」は、フランスのマルシェや欧米のオーガニックスーパーでは一般的です。
 (収穫まではしないですが...)
 この「量り売り」のメリットは、自分が欲しい分だけ買えるので食材の無駄がでません。
 包装の袋やパックなども不要になり、ゴミも大幅に減らせます。
 これは、マイクロプラスチック汚染対策のためにも重要です。
 生産者は、袋詰めなどの作業の手間も省けます。

 でも、それだけではありません。
 「量り売り」が可能になると、今までのような規格野菜である必要がありません。
 生産者は、多品種・少量生産で、付加価値の高い野菜も扱えます。
 つまり、伝統野菜、在来種、エアルーム野菜なども扱えるわけです。

 それによって、農業の形態も大きく変わっていきます。
 たとえば、今では、野菜は、甘ければ美味しいという価値観しかありません。
 個性豊かな野菜が市場に出回るようになれば、新たな価値が生まれ、市場も創造されていくことになります。
 そして、食に関する産業全般の活性化にもつながっていきます。

システム構成例

 ①デジタル計量器(RS-232C出力付き)
  A&D デジタル台はかり FG-30KBM (ひょう量:30kg)

 ②タッチパネルディスプレイ (1280x800)
  Toguard タッチディスプレイ タッチパネル モニター(10.1インチ)

 ③レシートプリンター
  Symcode 58MM USB サーマルレシートプリンター

 ④パソコン
  OS: Microsoft Windows