セルフレジ形式の「量り売り」で

収穫から会計までをセルフで

 現在の流通システムでは、生産者と消費者との間に隔たりがあります。
 これでは、お互いの思いを理解し合うこともままなりません。
 そして、ただ、安ければ良いの世界になっていきます。
 有機的なつながりが無いため、発展が望めないのです。

 こうした中で、広まりつつあるのがコミュニティー農園です。
 コミュニティー農園では、消費者が生産者を支えていく形です。
 したがって、様々な価値を生み出していくことができます。
 そのひとつが「量り売り」です。

 これは、野菜の収穫から精算まで、お客さん自身に行ってもらうというものです。
 お客さんは、自分で欲しい野菜を収穫し、それを「はかり」に乗せ、タッチパネル操作で精算すればよいわけです。
 それによって、消費者に、生産の現場を知ってもらうことができます。
 また、子供たちの収穫体験(農業体験)としても利用していただけます。

なぜ「量り売り」なの?

 「量り売り」は、フランスのマルシェや欧米のオーガニックスーパーでは一般的です。
 (収穫まではしないですが...)
 「量り売り」では、自分が欲しい分だけ買えるので食材の無駄がでません。
 包装の袋やパックなども不要になり、ゴミも大幅に減らせます。
 これは、マイクロプラスチック汚染対策のためにも重要です。
 生産者は、袋詰めなどの作業の手間も省けます。

 でも、それだけではありません。
 「量り売り」が可能になると、今までのような規格野菜である必要がありません。
 生産者は、多品種・少量生産で、付加価値の高い野菜も扱えます。
 つまり、伝統野菜、在来種、エアルーム野菜なども扱えるわけです。

 それによって、農業の形態も大きく変わっていきます。
 たとえば、今では、野菜は、甘ければ美味しいという価値観しかありません。
 個性豊かな野菜が市場に出回るようになれば、新たな価値が生まれてきます。
 そして、市場も創造されていくことになります。
 食に関する産業全般の活性化にもつながっていくわけです。